スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

番外編マチュピチュチケットを自分で購入する方法

 2014-02-01
今回は、アメリカの生活とは関係ないのだが、もしかしたら情報を共有することが人の役に立つことがあるかもしれないとアップすることに決めた。
最後のサンクスギビングに、一度南米大陸に行ってみたいと弾丸的に決めたペルー・マチュピチュ。
この旅行のアレンジで最も大変だったマチュピチュのチケット手配について。

券を購入するサイトはGoogleで比較的簡単に見つかります。
ペルーの観光庁のページ

マチュピチュの入場券は一日2500人、Huynapicchuの登山券は400人までです。マチュピチュが売り切れるとは思いませんでしたがHuynapicchuは売り切れるかもと思い事前に購入しておきました。が、この券の購入が一番大変でした。
ペルーの観光庁のページからオンラインで購入できるのですが、どうも皆苦戦しています。日本語でも英語でも検索しましたが、あきらめてアレンジを頼んだ人が殆どでこのページから買うのはほぼ不可能と思われていました。
まず、Websiteは英語に翻訳できるタブがありますが、英語にすると働かないようです。Espanolで購入手続きを進めないといけません。親切にもInternetの世界には購入の仕方を英訳してくれている人がいたのでそのとおりに進めます。
最初のページは日付と時間と券の種類を指定します。すると3Stepで購入できそうな感じになります。パスポートナンバーと名前など入力します。次に住所等入力します。最後にクレジットカード情報を入れて料金を支払います。VISAでなければならないようです。ANA cardUSAのカード情報を入力します。購入ボタンを押すとTransactionが拒否された、となってしまいます。時々、ANA cardは親切から外国での使用をブロックしてくれることがあります(盗難対策のため)。なのでまた、それかもしれないと思い翌日ANAに連絡すると、そのようなブロックはしていない、というのです。
一度購入に失敗すると、再チャレンジは4〜6時間待たないとできない仕組みになっているのがまた面倒です。これを何度か繰り返して、購入できないことに気が付きました。最近Machu picchuに行ったというアメ人の友人に聞いても「それはTrickyだった気がする、我々は20回位TryしてとうとうGetしたよ。Just keep trying」と言われました。真に受けてその後も何回か試しましたがどうも働く気がしません。
するとその友人が翌日、「妻に聞いたら結局そのチケットは自分達では買えなかった。泊まる予定の宿にアレンジを頼んだ」というのです。その可能性も考え、夫が見つけた現地在住日本人でガイドをやっていそうな人にメールで連絡してみたのですが、マチュピチュのチケットだけは手配できない(というかやってくれない)、ホテルとか、列車の手配も一緒に頼むならやってやる、と高飛車です。しかし、列車もホテルも自分でできますし、もうしてしまいました。キャンセルして頼むのもバカバカしいし、高い料金を取られるのは目に見えています。
なので友人が頼んだホテルにメールで連絡してみました。あえてホテルの名前は出しませんがオーナーのCarlosは比較的すぐに返事をくれました。料金は1.5倍です。例えば入場料が50ドルだとすると、75ドル取られます。だいたいMachupicchuのチケット自体が高いのです。現地の通貨価値からしたらものすごい大金です。欧人の友達はマチュピチュのチケットが高すぎて現地の人は観光になんてとても行けないらしいよ、と言っていました。(現地の人には割引のチケットが適用されるようですが、それでも)そりゃーそうでしょう。値段をそこまで釣り上げてしまった旅行者にも責任はあるのかもしれませんが。
私達の希望するHuynapicchuのチケットは約60ドルのため、一人90ドル、180ドルにもなってしまいます。ちょっと即答できない値段ですよね。なので、もうちょっと検索を続けることにしました。
ペルー観光庁のサイトは親切にもチケットの残り枚数が表示されます。こうしている間にもチケットの残数は少しづつ減って行きました。まるでエクスペディア並にあくどい手法です。これは購入者を焦らす以外の何物でもありません。

英語で検索をしていたら面白いスレを見つけました。Lonely planetという旅行者の情報交換掲示板のようなものです。マチュピチュのチケット購入について、やはり英語圏の人々も苦労している様子が伺えました。ある人は
「このWebsiteは完全に釣りだ、ペルー政府はticketを買えないようにして他の方法で旅行者が高いチケットを買うように仕向けている。旅行者をなめてる、let's stop visiting MP(マチュピチュのことらしい)to teach them how to behave with tourists!!」とかなりご立腹な方もいてウケた。激しく同意。
更に読み進めていくと、Bank of AmericaのDebitが働いた!という情報が。その先には
「Thank you very much xxxx!(情報提供者)You are my Hero!!! My BoA debit worked」
というレスが続々と。何、そうなのか?幸いBoAのデビット持ってるし。最後のチャンス、と試してみると。

なんと働いたのである。今までとは違うスペイン語が。Google translateで「成功したお支払い」
思わず夫とHi five。ここまで苦節3日ほど。
日本でBoAのDebit持っている人は少ないかもしれません。でも手持ちのVISAカードを全部試してみる価値はありそうです。ご参考までに。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yukhasu.blog118.fc2.com/tb.php/265-a2cdfaab

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。