スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

クレジットカードのリスク

 2013-02-23
クレジットカードはアメリカ社会にとても浸透している。一杯のコーヒーから車まで全てクレジットカードで支払える。現金が必要なのは、コインパーキングに止める時くらいだ。よって財布に入っている現金は20ドル札が数枚くらいである。1ヶ月くらい現金を見ないこともある。

そしてアメリカはクレジットカードが必要不可欠である。レンタカーを借りたり、ホテルを予約する時もクレジットカードがないとダメなことが多い。クレジットヒストリーというものを構築しないと車や家など大きな買い物ができない。クレジットヒストリーというものはこれまでのクレジットカードの支払をちゃんと期限内に支払ったかの記録である。これを2年以上構築していないとクレジットカードが作れないのである。
しかし日本でのクレジットヒストリーはカウントされない。では最初はどうするか。多くの日本人はANAカードUSAで作る。また、NIHで働いている人はNIH credit Unionで作ることができる。または銀行のカードにもVISAを付けられるので暫くそれを使うかである。
我々日本人にとって、期日内に支払いをするのは当たり前のように思えるが(少なくとも私の周りの人の間では)アメリカ人や他の国の人達にとってはそうでもないようなのである。私の友人は、Minimum dueという、期日内に最低限払わなくてはならない金額しか払わないのだそうだ。払わなくていいものを何で払うの?という感覚らしい。
私にとっては借金は借金なのでなるべく早く返したいと思うのだが、そういう考え方もあるのか、とはっとした。
そういえば、消費者金融という商売が成り立つのは日本だけだと聞いたことがある。普通返さないらしい。

そんな訳で、普通にAutopayにして全額使った分を期日内に支払っていれば、おのずとクレジットスコアはExcellentになるのだ。クレジットスコアが良いと、AmexとかCapital oneとかいろんなクレジット会社からカードを作らないかというDMが来るようになる。
クレジットカードで支払う他のメリットはクレジットカードでショッピングマイルを貯めて、日本に帰る航空券にしたり、アップグレードに使う事が出来る点である。DC近辺の人は直行便がANAなので、殆どの人はANAカードUSAカードを持っている。日本人が集まって飲みに行けば、みんなお揃いのカードで支払うので、取り違えることもしばしば起こる。

実際私は年1回くらいは日本に帰っているが、航空券を買ったのは1回しかない。しかしマイルを使っても最近は税金や燃料チャージだので結構手数料がかかる。それでも実際の航空券よりは3分の1くらいの値段なので大分助かっている。

さて、とても便利なクレジットカードだが、これまでに2回スキミングされている。
今回は先週の連休のこと、早朝にAMEXからEmailがあり、昨日Floridaのターゲットで買い物をしたかどうかという問い合わせだった。もちろんFloridaに行っているわけがなく、すぐに電話して、カードを止めてもらったのだが、一体どこでカード情報を取られたのかは大きな謎である。
こちらのスーパーでは自分でカードをスキャンするのが普通で、カードを店員に手渡す機会は少ない。
夫のカード情報が盗まれたので、夫が使った場所と日時から、恐らくここではないかという検討がついてはいるが、何とも気持ち悪いものである。

その後、クレジットカードのBillをよく見たら、そのカードはDaytona beachでも使われていた。2回くらい試しに使ってみて、その後Targetで大きな買い物をしようとしたらしい。カード会社が気がついてくれて良かったが、便利なだけに、多少のリスクも伴うものなのである。

スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/03/31 21:09】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yukhasu.blog118.fc2.com/tb.php/245-8b2a53a5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。