FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

カナダの思い出その2

 2011-09-26
カナダの写真を整理しているのだ。
Jasperからの帰りのハイライトはコロンビア大雪原である。

朝思わず、Hintonでゴルフを楽しんでしまい、時間がなくなってしまった。慌てて200キロ離れたコロンビア大雪原のバス乗り場に向かう。ガイドブックによれば5時までと書いてある。しかし1時間半かかるツアーなので3時半に最終の可能性もあるだろう。Hintonを出たのは2時近くだった。果たして間に合うのか?

途中でオジロジカの群れを発見。
white tailed deer

鹿なのだが、おしりが白いのが特徴らしい。彼らはいつもこのくらいの群れで生活しているのか、もう一回見た時もこのくらいの大群だった。(n=2)
道路になにか落ちているのだろうか。しかし餌付けは禁止されている。

コロンビア大雪原の麓に着いたのは3時半だった。
切符売り場に急ぐと全然人も並んでいなくてあっさりと切符は買えた。ハイシーズンには1時間待ちくらいは覚悟と聞いていたので全く拍子抜けである。
結局、切符の最終が(もしくはバスツアーの最終が)5時であるらしい。知っていればもうちょっとゆとりを持って行動できたのに。何事も調べてから行動したほうがいいということである。

brewstar.jpg

切符は一人50ドルくらい。バスで雪上車の乗り場まで10分くらい。雪上車に乗り換えまた10分。
氷河に降り立って30分自由行動。そしてまた帰りの道程20分程度と合計で1時間半くらいのツアーである。

この雪上車のすごいところはこの巨大なタイヤによって雪上(氷上)を走るとともに、スキー場でしか見たことない急斜面(37度と言っていたような)を走ることである。

tire.jpg

ご覧のように人の背くらいのタイヤが6個付いている。

hh glacier

ついに氷河に降り立つ。実は見えている部分はこの氷河のほんの一部に過ぎなく、実際はこの背後にバンクーバーがすっぽり入るくらいの大雪原が広がっているというのだ。何万年もの間、冬に降り積もった雪が下の雪を押し潰し、下の方は分厚い氷になる。氷河はこうして出来、その厚さは30メートルにもなるという。今私達が立っているこの氷河もどんどん下の方に動いているらしいのだ。

glacier.jpg


今は夏なので、ものすごい勢いで溶けているが、ここは10月には閉じるらしく、真冬にはマイナス60度以下になるらしい。とても風が強くて寒かったが、夏に来られるのであれば是非立ち寄った方がいい観光名所である。

飲むと若返るという氷河の雪解け水だが、飲むのはためらわれた。ペットボトルを持ってくるといいかもしれない。触ってみたが当たり前だが非常に冷たい。隣の中国人の親子は氷河(自体)を持ち帰っていた。さすがである。

氷河の水

氷河ツアーは想像以上に楽しく、満喫してBanffへの帰路に着く。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yukhasu.blog118.fc2.com/tb.php/209-172b808c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。