FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

カナダでVISA更新(フォームの作成と面接の予約)

 2010-10-28
こうしてアメリカに住んでいると、異国にいるのって不便だなあと思う場面に出くわすが、
なんといっても面倒くさいのがVISAの更新である。
私達がアメリカで働けるのは、VISAがあるからなのだが、
期限付きで雇われていて、移住しようとしているのではありませんよ、という証明のようなものだ。
なのでVISAの有効期限はその雇われの契約期間限定。
うちのボスの方針は、基本1年毎更新のようなので、毎年VISAの更新をしなくてはならない。
厳密に言うとアメリカ国内にいる限りはDS2019という書類の更新をすればいいだけで、
VISAの期限が切れて滞在していても問題はないんだが、他の国や日本に行った時に、アメリカに帰って来れなくなるのだ。
来年はどうしてもヨーロッパの国際学会に出たい!ので、9月に切れたビザの更新をしたいのだが、
日本に帰るとお金も時間もかかる。

多くの日本人の研究者から、カナダでビザ更新できると聞いていたので今年はカナダで更新をすることにした。

以下はその手順。しかし年々変わるようである。たとえば去年と今年では作るFormからして違う。
この情報は2010年10月現在のものである。

まずは面接の予約を取るところから始まる。
予約を取るためにはForm160という書類をオンライン上で作成するところから始まる。
このFormをつくるWebサイトは15分か10分かActivityがないと、
セッションタイムアウトになってしまってせっかく入力した情報がパーである。
なのでこまめにセーブしておくこと。

さて、無事に入力が終わり、最後に写真のアップロードが必要である。
写真は自分でデジカメで撮ったものが使えるが、結構規定が厳しく、背景は白とか、顔の大きさは全体の何パーセント以上何パーセント以内とか、中心にないとだめとか、
私はいろんなバージョンを作って何度か試してようやくアップロードに成功した。
めでたくConfirmationページに辿り着いたら、そのページを印刷すべし。
Confirmation No.は予約を取るために必要らしい。

しかし、いざ予約と思っても、どうやってもオンライン予約のページに辿り着かない。
カナダのUS embassy Ottawaのページのあらゆるところをクリックしたが、カレンダーは全く見つからなかった。
随分と不親切なページと思う。
2日くらい悩んだ挙句、思い切って書いてある電話番号に電話してみた。
案の定、自動応答にたらいまわしさせられた挙句、とにかくお金を払わないと予約ができないといわれた。
しかし、どこでいつ予約が取れるかわからないのに、140ドルのNonrefundable料金払いたくないよな、全く足元を見ている、と憤慨したところで仕方ない。

あきらめてとりあえず一人分お金を払ってみようと思ったら、
今度はお金を払うのも、オンラインでできるはずなのにそのページが見つからない。
Paypalか、Scotishbankとか言うカナダでは当たり前かもしれないけど、アメリカでは全く聞いたことない銀行に直接払うか、またはクレジットか。
といわれればもちろんクレジットが良いに決まっている。しかしどうやって?
この時、偶然にWEBの右上に小さいLoginの文字を発見。そこをクリックしたらパスポート番号と生年月日を入れてお金を払うページに辿り着いたのだった。ここまで3日かかっている。
お金を払うとようやく予約を取る画面へ。
まず大使館の場所を選ぶ。しかし場所によっては外人の(この場合Canadian以外)面接をやってない場所もあるのでThere is no available timeだったらその大使館では無理と言うことである。
私達は、本格的に寒くなる前に行きたかったので、最も早かったOttawaでの面接を予約した。
夏は結構混んでいると聞いたが、さすがにこの時期、がらがらで来週位のが取れた。
Ottawaでは月曜日と火曜日に外人用スロットがあるみたいだ。

以前は大使館での受け取りが可能、しかもその日の午後には発行と聞いていたが、
最近では大使館での受け取りはやっていないようで、DHLという配送会社の配送センターでの受け取りが必須になってくる。
面接場所と、受け取りの希望の場所を入力する。私達はMonrealを訪れる予定があったので、Montrealの近くの配送センターを指定。
でもこれって車必須だよね?配送センターなんてだいたい倉庫街の端にあるんじゃ…

予想される待ち時間は2日。
でも受け取ったらなるべく早く帰って来たいし、飛行機の調整面倒だ、と思ったら車で行くしかなくなった。
土曜に出れば、ナイアガラかどっかで一泊して、月曜の朝のオタワでの面接に間に合うでしょう、と大まかに予定を組む。
月曜にうちにMontrealに移動してMcgillの研究者に会う。
そうしているうちにビザが下りて、アメリカに向かって爆走。完璧な旅程に思えた。
土曜日はRochester, NYに住む夫の医局の先輩と、そこに留学している先生を訪ねて、といろいろ急激に具体化してきた。
土曜はRochester, 日曜はOttawaに、水曜日はMontrealに泊まるホテルを予約して、
パスポートとDS2019を用意して準備は完了。
(面接のときに必要だったのはDS2019とパスポート、Confirmation pageのプリントアウトのみ。Notice of action, Form829-6などは見てなかったように思う)
ちなみに、DHLでの受け取りは2つのIDが必要。
Driver's licenseと働いているところのIDが良いでしょう、この場合はパスポート不可なので)
スポンサーサイト
タグ :
コメント
どこもVisaもらうのは大変なんだね。。。。
お疲れ様です。
海外に住むと、事務手続き関係が時間かかってめんどくさい...!

一歩お遅れてですが、イタリアにも新米が届きました!
おいしかった~!!!
【2010/10/30 14:07】 | TOMO #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yukhasu.blog118.fc2.com/tb.php/179-73e91aa7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。