スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

快適メガネフリー生活

 2009-11-28
今回日本に帰った目的の一つにレーシック(近視矯正手術)があったのだ。
以前からもうやっても良さそうと思っていたのだが、ちょっとまだメガネに未練があった。

でも最近顕微鏡のたびにメガネを外すのが面倒になってきたのと、
やってすぐ老眼も始まるかもと思ったら、これ以上待つのもどうかと思って受けることにした。
アメリカでもいいかと思ったが、値段を調べたら3000~4000USDと書いてある。
それなら日本でやってもおつりで航空券が買える!じゃないか。

早速Sクリニックを予約して、成田から直接術前検査に向かう。
もう遅かったからか、病院はとてもすいていた。ワンフロア全て術前検査用である。30人くらいいっぺんに検査できそう。
すぐに呼ばれて術前検査を一通り散瞳まで。結構いろんな検査をするんだなあ。

次の日、手術を受ける。
点眼麻酔をしてくれたけど、結構痛い。
痛いって聞いたことなかったけど、それとも私が我慢弱いのか?

手術が終わって回復室で思わず隣の人に話しかける。「思ったより痛いですよね?」
「すごい痛かったですー。」
良かった私だけじゃないんだ。
麻酔忘れられたのかと思った。

保護用のへんてこなメガネ、死んでもかけたくないと思っていたけど、弱りきっていたので藁にもすがる思いで、かけて電車で帰る。
横浜駅くらいで麻酔が切れてきて目がズキズキしてきた。麻酔やっぱり効いてたのだ。

次の日、やっぱりへんてこなメガネをかけて電車に乗る。有楽町で降りると何人か同じメガネをかけている。
しかし目は良くなっていた。見えるじゃないか、下のほうまで!
そしていよいよ診察。カルテを盗み見ると、左Cell2+、セルってあのセル?あるのか炎症?
「ちょっと左は炎症出てますね~、目薬を2時間おきにしてください」
言われると、左はなんだかごろごろするし、ぼんやりしている。ような気もする。

しかし目は日に日に痛みもなくなり、メガネは完全にいらなくなった。
いまだに寝る時は少し心配になる。「あ、コンタクトとらないと。ってもうないんだった」

アメリカに戻って来て、初めて遠くが良く見えるのを実感した。今回はずっと東京にいたからうんと遠くを見る機会がなかった。
初めて裸眼で見るアメリカ。やっぱり広いなーと思う。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yukhasu.blog118.fc2.com/tb.php/152-c8c9cb09

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。