スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

悲報、official iPhone unlock came back negative

 2014-05-31
以前私のiPhone5がSprintによってLockされていた事を報告した。
諦めきれない私は色々検索してiPhoneをSIM lock解除してくれるというサービスを見つけたのだった。UKの会社のようだが世界中のいろんなキャリアのSIM lock解除してくれるという。ホンマかいな〜、どうやって?
Jailbreak不要、OfficialのSIM lock解除だという。しかもiPhoneを送ったりしなくていい。ただIMEI番号(その機械に固有の番号)を教えてお金を払うだけ。10〜15日位でUnlockしてくれるという。

Sprintに断られた今、私に残された道は諦めるかイチかバチかの賭けに出るか、であるが、このサイト信用できるんかな〜。
1週間位悩んだであろうか。50ポンドという微妙な値段である。本当にUnlockしてくれるなら全然払って良い金額なのだが、こんないかがわしいしかも海外のサイトを信用して、多分クズみたいな奴らの懐に入る金をみすみす払いたくない。
いろいろな人に相談して悩んだ挙句、
父上「なんだよ、買ってみりゃいいじゃないか、8000円位!俺だったら買うね」
というので申し込むことにした。確かに8000円位1回飲み行ったら使っちゃうお金だし。
しかしその日は眠くなって申し込む途中で寝てしまった。

さて、次の日、なんとOfficial iPhone Unlockから直々にクーポンメールが届いた。今日中に申し込んだら30%オフだというのだ。
これをどう取るべきか?
釣れそうだから餌をまいて釣り上げようとしているのか?
それとも、サービスに自信があるから顧客を増やしたいのか?
悩んでいると
父上「何だよ、まだ買ってないのか?5000円になったんだろ早く買え」
かくしてSIM lock解除するサービスを購入した。

そしてあれから月日のたつこと早2ヶ月。
もちろんOfficial iPhone Unlockから音沙汰はなく、苦情をいうメールアドレスもなく、電話はあるけれど時差もあるしかける気にもならない。メールアドレスとIMEIを入れてステータスをチェックすることも出来るけど、2週間過ぎてからチェックする気も起きなくなった。
先日そういえば、と思いだし、唯一コンタクト取れそうな欄に
「購入してから2ヶ月経つのに何も起こらない。出来ないならできないでお金を返して欲しい」と苦情を述べてみた。
1週間ほどして
「お前の携帯はBlockされていた。Blockされている携帯は失くされたものか、盗品である。でも、Blockされる理由は他にも色いろある。とにかくBlockされている物はSIMロック解除出来ない、って書いてあるから我々はお前に金を返さない。」
ふざけるな、私のiPhoneは拾ったわけでも盗品でもない、失礼な奴らだ。つーかお前ら出来ないんじゃないか。

「でも本当は返さないんだけど我々に悪意がないことを示すために、今後我々のサービスに使える30ポンドをCreditしてやる」
いらねー、こんなインチキのサービス二度と使うわけねーだろ。それって返してないじゃん。

というわけで結局、こいつらはSprintのカスタマーサービスの一環で国外でのUnlockとか、そういう本来なら頼めばやってくれるサービスをかわりに頼むことで一般市民から金をとってるんじゃないかと思うわけである。だからSprintがダメといえばダメなんじゃ無いだろうか。
アメリカにいた頃の私ならイギリスまで電話をかけて文句言っただろうが、もう日本人にすっかり戻ってしまった私は、いいや、5000円位くれてやるよ、という心境である。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。