スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日本でアメリカのiPhone5を使う方法:その2

 2014-03-20
以前にアメリカのiphone5を日本で使う方法について記事を書いた。私は今年より日本に完全に帰国したのでアメリカの携帯電話はもう必要ない。Sprintの契約は2年満了なのだが、Early terminationはDeviceの代金を払えば可能らしい。私の場合は約7ヶ月残っていたので20ドルx7か月分=140ドルで大丈夫なんだそうだ。
違約金がどのくらいなのかわからなかったので、ズルズルと2ヶ月位放置していたのだが、ようやく最近アメリカにいる夫や、Family planのオーナーの友人に頼んでLineをキャンセルしてもらったところだった。

今はそのiphone5をE-moblieのモバイルルーターを使って使用している。しかし、電池がすぐに切れる(4時間くらい)のと、千葉県でのカバーエリアが悪すぎるので、最近発売になったIIJmioのDocomoの音声付きSIMを差し替えて使おうと思って2000円の初期投資をしたのである。(本当はPackageは3000円らしいのだが、イオンで店頭で買うと今はキャンペーン価格の1980円で購入できる)
Packageはただの説明書で、SIMを手に入れるためにはオンラインでの手続きをしないといけない。3月13日11時にならないとオンラインでの手続きができないらしく、13日に早速手続きをした。

iijmio.jpg


19日にはSIMが届いて早速差し替えてみると...Invalid SIMとなり、なんの操作もできない。
常識的なことだが、iphoneはSIMロックされていて、他のキャリアーのSIMを入れても使えない。アメリカのIphoneはSIMフリーだという噂もあってその辺あまりケアしてなかったのだが、アメリカのiphoneでSIM freeなのはVirgin moblieだけらしい。私のCarrierのSprintは90日以上使っている優良ユーザーが海外で使うためにFactory lockを解除したいというリクエストには応じてくれるということだった。しかし、unlockしたiphoneをアメリカ内で他社のSIMを入れて使おうとしてもだめということ。
ということはつい先月Lineをキャンセルしてしまった私はunlockする方法がないというわけ。それをSprintのInternational custormer serviceとチャットして学んだ。しかし本当に腹立たしい。やめてから私のiphoneをどう使おうと私の勝手ではないか。

というわけで、同じ境遇の人ってあまりいないかもしれませんが、Sprintのiphoneを日本で使おうと思っている人は要注意!忘れないうちにSIMのunlockをしたほうがいいですよー!。

日本でアメリカのiPhone5を使う方法:その2 の続きを読む

スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。