スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Daylight saving time

 2013-11-04
サマータイムと言うのはBritish Englishの言い方だそうで、アメリカではDaylight saving time(DST)と言われている。2013年の今年は3月の最初の日曜日から11月の最初の日曜日まででした。具体的には3月10日の日曜日の午前2時に時計を3時に進めます。そして11月3日の午前2時に時計を1時間戻すのです。今年は起きていたので私のiphoneが1時59分から1時になる瞬間を見ることが出来ました。しかし8ヶ月って1年の3分の2じゃん。その間サマータイムってちょっと無理があるのでは…。

と言うのも、サマータイム終了間際になってくると体が冬時計に(今年は特に、直前に日本にいたせいかな)シフトして、夜は眠れなくなり、朝は目が覚めない。朝暗いからだろうか。最後の週なんか朝1時間遅くに目が覚める様になってしまった。これが翌週になると同じ時間に起きても1時間早く出勤できるのに。

元々は太陽の光を最大限活用して、電気の需要をSaveしようという主張からだったらしい。あとは夏の間は5時定時の人々にアフター5を楽しんでもらいたいということらしい。確かに9時頃まで明るい夏の盛りは5時以降にゴルフを始めても日が沈むまでに18ホールを終えることができるそうだ。一説にはゴルフ業界は200億円の市場規模がDSTのお陰で300億円になると言われている。あと、何故かセブン-イレブンもDSTによって儲かるらしい。

しかし、始まりの日と終わりの日は混乱を避けるために日曜日にしているために、始まりの日と終わりの日は年ごとに違う。そして時計は全て手動で戻さなくてはならない。これが本当に面倒。車の時計など、どうやって時間を合わせるのか半年おきだと忘れてしまうでしょ(携帯時計や電波時計などはOK)。そして急に1時間戻ったり進んだりするために体調や睡眠リズムを合わせなくてはならない。これが混乱を招かないはずがない。
そして、世界各地で取り入れられているこのシステムだが、ヨーロッパとアメリカはあまりSyncしていない。更にはアメリカ国内でも州毎に異なる(アリゾナとハワイは取り入れていない)。など、国間のやりとり、はたまた国内のやりとりにも影響を及ぼす。例えばフェニックスに本社がある会社に電話をかける時にOffice hoursが夏と冬で違う、などと。

しかし個人的には、夏の間、長い昼の時間を楽しむことが出来て私は賛成である。今年の夏は日本にいたが、朝の5時くらいに明るいとなんだか勿体無い気がする。
2006年までは4月の最初の州から10月の最後の週までだったそうな。その位の期間でもいいのかもしれないとは思うが。きっとゴルフ業界とセブン-イレブンからの多額の献金があったのだろう。
スポンサーサイト
タグ :

クランベリー

 2013-11-03
1年くらい前、私が留守の間に果物を沢山摂取する健康法を始めたうちの夫が、こないだ珍しい果物を買ってきた。
フレッシュクランベリー。(写真とるの忘れました。グーグルでイメージを探してみて下さい)
ドライクランベリーなら食べたり、お菓子に使ったりするけど生のクランベリーは初めて見た。
赤くて硬くて実が軽い。食べてみると酸っぱいだけで甘さがみじんもない。味はレモンで食感はすが立ったきゅうり?
とにかく美味しくないので放っておいたのだが、アメリカ人はこのクランベリーをどうするのか?

11月の最後の週の週末はThanksgiving dayというアメリカで最も重要なHolidayの一つなのだが、その時に七面鳥のお供として欠かせないのがクランベリーソース。七面鳥を今まで食べる機会もなかったし、甘いクランベリーソースがなぜ鶏肉に合うのかさっぱりわからないのだが、アメリカ人達は「やっぱり七面鳥にはクランベリーソースよね」とか言っている。

クランベリーはカナダや北米の寒いところの果物、そして秋に収穫されるそうで、その収穫方法が変わっている。
クランベリーの実が水に浮くことを利用して、畑に水を張り、実を浮かせて収穫するのだそうだ。
収穫の様子は以下のサイトで写真を見ることができます。
http://hungeree.com/edibles/cranberry-harvest-begins-in-wisconsin/
クランベリーの95%は加工用に使われるとのこと、市場に出回る5%以下の貴重なフレッシュクランベリーがうちにある。

さっき思い立ってクランベリーソースを作ってみようと思った。材料は水と砂糖とクランベリー。砂糖を水に溶かして沸騰させ、クランベリーを入れて破裂するまで煮込めと書いてある。
この固そうなクランベリーが果たして破裂するのだろうか?まあ、破裂しなければミキサーで粉々にすればいいだけのこと。

ル・クルーゼにぶち込んで10分くらい火をつけて開けてみると、なんとソースは完成していた。しかし大さじ4も砂糖を入れたのにまだまだ酸っぱい。これを食べるために七面鳥も焼いた方がいいだろうか?

クランベリー

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。