スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日本でアメリカのiPhone5を使う

 2012-12-04
米国に渡った当時は、どうせ2〜3年しか使わないから、と一番安いカメラもないプリペイド携帯を購入し、1年100ドルの通話料も年に1.5回ほどしか更新しないほど、あまり携帯というものの必要性を感じることがなかった。
しかし、こないだ日本に帰って電車の中でほとんど全ての人々が携帯をいじっているのを目の当たりにし、5年間使ったプリペイド携帯に別れを告げてとうとうスマホ購入を決意。

ただ、通信料がかさむのだ。この秋からH1になって給料がえ?というほど目減りしたうちの家計には痛手だなあと思っていたところ、友人のYさんが「私のFamily planにはいっていいよ!」というので、Family planって家族じゃなくてもいいの?と半信半疑でSprintショップに行ってみると、「いつでも友達のFamily planに入っていいよ、友達は自分が入ってから2年経ったら解約できる、あなたは2年後から解約できる」とのこと。
ただ、Sprintのショップにはiphone5(16GB)は品切れ中で、「金曜日になったら入荷するかも、1時くらいに電話して」と。それから毎日1時に入荷を確認するも1週間ほど「まだ来てない」の繰り返し。本当に入荷するんかいな?

同じラボのiphone4Sユーザーの中国人のおじさんに直接AppleのWebsiteに行って、10時に予約しなさいとアドバイスを受ける。
最初は意味がわからなかったのだが、どうやらAppleのWebで10時PMにiphoneの在庫をアップデートするのだ。それを確保して、受け取りのショップを指定する。3日目にしてようやく受け取りを近くのショップに指定することができた。ところが、ちょうどハリケーンが来て受け取りに行く事ができなくなってしまった。なかなかスマホはハードルが高い。

遂に受け取りの日がやってきた。Yさんと夫と近くのAppleストアに行って契約。夫の分は同じ店で予約できなかったので、夫は気の毒だが4S(しかし本人は4Sでもすごい進歩と前向き。すみません)で我慢してもらう。
私の白いiphone5すごい綺麗、持っただけで超テンション上がりまくり。unlimitedなので、早速夫とYさんに電話かける。テキスト送る。まるで初めて携帯を手にしたかのような気分。文明っていいもんだなー。

家でも、職場でもずっとPCの前に座っている我々に果たしてスマホは必要なのかと疑問に思っていたのだが、持ってみてその概念はすっかり変わってしまった。PCを開くまでもなく、いろいろなことがスマホでできてしまうのだ。これはすごい。みんな夢中になるわけだ。もうこれで我々も、どこにいてもずっと携帯をいじっている電車の中の人達の仲間いりである。

使用して2週間、すっかりスマホにAddictしてしまっている私に試練が訪れる。3週間ほど日本に一時帰国することになったのだ。日本ではiphone使えない…。どうしよう、生きていけるかしら。つい2週間ほど前まで、普通の携帯すら持っていなかった私が、すっかり依存症である。

成田に降り立ち、電波を確認すると、Roamingと書いてある。いろんな人に聞いても、Roamingはすごい高いから使わない方がいい、というので、とりあえずAirplane modeにしておく。しかし、これじゃ、テキスト送れないじゃん。
それから毎日、日本でこのiphone5をどうやって使うかに頭を悩ませることになった。もしこのiphoneが、SIMフリーであれば日本通信のナノSIMを購入して、プランに入れば普通に日本の携帯として使えるようである。どうしてこのようなシステムが存在するのかというと、現在の日本でのiphoneのキャリアーはSoftbank or auであり、Docomoのカバレージでiphoneを使いたいという人のためにこういうものがあるらしい。
ただ、まだスマフォ初心者の私にはSIMって何?という状態で、自分のiphoneがSIMフリーなのかどうかもわからず、ナノSIMを買っても使えなかったらどうしよう、と心配なのと、2年以内の解約で1万円の違約金が発生してしまうのが私を躊躇させていた。
家族や友人にも色々聞いてみたのだが、今は無料で電話をかける方法いろいろあるよ、とLineとかViberとかいうSkypeみたいなのをいろいろ入れてみるのだが、どれもSMSによる認証が必要で、Roamingによる異常な課金を恐れる私には(Airplane mode offにしないといけない)使えないものばかり。
私よりはるか先を行くデジタル人間であるはずのお父さんは、取り敢えずスマフォ機能はWifi環境で使って、Docomoで一番安い1円携帯を公衆電話代わりに持つのがいいのでは、という提案。それじゃースマフォが使えないじゃんか。(因みに彼はガラケーユーザー)つい2週間前までは私もあなたと同じ発想だったよ、お父さん。しかしすっかりスマフォ依存症になってしまった私はむしろDataしか欲しくないのだよ。

街をさまよう私は、常に無料のWifiを求めて歩くようになってしまった。Dennysでは7Spotという無料Wifi接続を提供している。イトーヨーカドー系列は7Spotが使えるということを学んだ。横浜そごうも渋谷西武もセブングループなのか7Spot使えた。こういうサービスがあると、ついついそごうで買い物しちゃう。それが狙いなんだろうけど、どっちもHappyなこのサービスいいよね。そして横浜駅をうろつく時はそごうが私の拠点になった。

諦めて公衆電話代わりの携帯を手に入れるかと思っていた矢先、遂に転機が訪れる。ヨドバシの携帯売り場をうろついていると、Emobileという会社のブースの四角い箱に目が留まる。

EmoblieLTE.jpg

pocket wifiって何?EmoblieのカウンターのNさんが親切に説明してくれる。要は携帯モデムみたいなもんで、75Mというまあまあ早いLTE接続を持ち歩けるということらしい。これこそ私が望んでいたものではないのか???
しかしこのLTEのやつはプランはUnlimited一律3980円/月、2年間契約で、途中解約で違約金1万円が発生する。それは痛い、しかしこのシステムは魅力的だ、と思っていたところ、これより下位機種のこちらなら、速さは7.5Mと10分の1ですが料金体系は2種類あり、月2980円のUnlimitedプランか280円から4980円までの従量課金制(月ごとにプラン変更可能)と勧めてくれたのがこれ。

Emoblie3G.jpg


月280円なら24ヶ月払っても7000円弱だし、これならいつ日本に帰ってきてもプラン変更すればすぐにWifi使える(成田から!)ううむ、しかし同じ1円ならLTEのやつ欲しい、充電も9時間持つしと、一旦引き下がる。
そごうにて父と相談。
「お父さん、モバイルWifiに興味ない?お父さんの欲しがっているタブレットと併せて持つと便利かもよ」
「俺は、両方の家にWifiあるし、移動は車だから興味ないね」と冷たい一言。
「やっぱり電話機能がいるんじゃないか」と更にダメ出し。
お父さんを騙して日本にいる間だけ借りようと思ったけどこれは手強そうだ。
次に、こういうのに詳しそうな友達に相談。しかし友達は
「なにそれ?でも一日100円でWifi接続が得られるなら価値あるよね」と。
なるほど、1日100円ならとっても価値ある感じがする。根拠としては薄いけど、もうこれしかない!と言う気になってきたのでヨドバシに戻って契約する。Nさんを探して決めました!と伝えると「それではお手続きに1時間ほどかかります」ええっ、そういうことは早く言ってよーと思ったけど仕方ない。

1時間して、ようやく繋がる。これで日本でも一応スマフォ使えるようになったわけである。弟に自慢のメールを送ると、「それなら050アプリでガラケーにも電話掛けられるよ」と。
050アプリというのはNTTコミュニケーションズのIP電話サービスで、月額315円で従量課金制、しかし携帯電話の通話料金とCompetitiveな料金体系である。いつでも翌月から解約できるのでアメリカで必要がなければ解約してしまえばいい。しかし、アメリカから日本へ掛ける場合、これなら国際電話を使わずに日本へ掛けることができるので実家に掛ける場合など、持っていたら便利かもしれない。解約した場合、最契約時には同じ番号は取得できないので注意が必要である。
ただし、認証に日本の携帯電話の番号が必要なので、家族などから電話番号を譲与してもらう必要がある。(サインアップから1時間以内にその携帯に電話がかかってくるので取らないといけない)
数日使ってみて、このアプリは度々不具合を起こして、再起動が必要になる(電話をとっても音声が聞こえない)。あと、Wifiをオフにしている間にかかって来た電話は受け取れていない気がする。ただ、Skypeよりは電気を喰わないようなので、アプリをずっとオンにしておいてもそんなにバッテリーを喰わないという事らしい。

以上が私なりに日本でアメリカのiphoneを使う方法である。何しろ私はiphoneビギナーなので、もっと良い方法があるのかもしれないが。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。