スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ハイスクール in アメリカ

 2012-04-28
私のラボに高校生のボランティアが来ている。近くの高校から受け入れているもので、今年で3人目になる。
彼らは午前中は学校に行き、午後火曜日から金曜日まで毎日来て、ラボワークを体験学習するというものだ。
今年は私が、学生を面倒見ることになったので、去年の9月から彼女と一緒に実験をやってきた。
何しろ、Pipetも使ったことがないシロウトさんなので、細胞培養を一から教えるのは大変である。
しかし、さすが高校内で選抜されてきただけあって、賢い方の学生さんなのである。
私の懇切丁寧な指導のもと、あまりコンタミなどの惨事を起こすことなく、仕事を淡々とこなしていった。
今年の学生Rさんは、これまでの学生と比べると非常におとなしく、アメリカの学生にしては珍しいくらい引っ込み思案な子であった。

プログラムは9月から4月までの間に何か高校生でもできそうなテーマを与えて、簡単な実験を体験させるというもの。私は、複数のことを同時に出来るような器用な人間ではないので、学生がいるとめちゃくちゃ振り回されてしまう。別に振り回されなくてもいいのだが、構わないといけないと思ってしまい、学生のことばかり考えてしまって、自分の実験ができなくなってしまうのだ。
それでも、後輩の指導は大切な仕事の一部である。指導した学生が結果を出せば自分も嬉しい。

そのプログラムはゴールに学校のScience fairという発表会が設定されていて、そこで、自分の実験結果を発表するというものだった。その発表会が昨日、学校で行われ、私は指導者として発表会に招待されたのだった。
アメリカのハイスクールに行くのはもちろん初めてである。

Rさんの通う、Elanor Roosevelt high schoolは1978年に創設された比較的新しい高校で、そのScience and Tech programで有名なんだそうである。その名前はルーズベルト元大統領夫人から付けられたそうである。
場所はメリーランド州のボルチモアよりのGreenbeltというところにある。3,200人も生徒がいるマンモス高校であるが、卒業生でうちのラボでPostbacをしていたR君は、アメリカでは普通のサイズだと言っていた。

高校のマスコットというものがあるらしく、ERHSは海賊!

elenor roosvelt high school

こっちの高校生は運転免許を持っている。さすがに巨大な駐車場。

high school in US

こっちのドラマやアニメを見ても、学校のシーンはイマイチ日本のものとかけ離れていてピンと来ない。
廊下もこんな感じ。
こっちの高校は自分の属する教室はなく、授業ごとに生徒が移動する。
移動の時間はこの廊下中、生徒であふれる。

high school

私は日本人なので、10時45分からのMentor luncheonの20分前に学校に到着してしまった。
入り口に受付らしきところがあり、生徒が群がっている。一人の先生らしき女性が私を認識し、
「ほら、お客さんが来たよ!」と声を上げると、生徒たちは一斉に私の方を振り返った。

「もしかして私が一番?」と聞くと「あなたは2番目」だという。
来年このプログラムに参加するというJuniorの生徒さんが、Mentor luncheonの会場に案内してくれた。

mentor lunchon

さすがに誰も来てない。生徒と先生は準備の最終段階で忙しそうである。しかし何とも手作り感満載のレストランではないか。
驚くのは高校生がみんな大人っぽいことだ。今日は特別におしゃれしてきているんだろうが、女の子など、日本の女子大生みたいである。AKB48など、こっちの小学生ぐらいにしか見えないのではないだろうか。(実際そのくらいなのかもしれないけど)

table setting

昼食会場では、生徒たちがレストランのようにサーブしてくれるのだが、私の担当の子は
何度も水を入れてくれたり、デザートを勧めてくれたり、とっても気がつくのだ。来年彼が来てくれればいいなあ。

ランチが終わると、講堂に移動して、発表会とセレモニー。
生徒の中から選ばれた5人がパワーポイントでプレゼンする。残念ながらRさんは選ばれなかったみたいだ。しかし、彼女の性格から絶対に人前でプレゼンなんて死ぬほど嫌がるに決まっている。

しかしアメリカの高校生は、プレゼンが上手い。大きな講堂で堂々、研究者さながらの発表にはひたすら感心させられた。こういうのは日々の積み重ねなので、日本人にはなかなか真似できない。
アメリカ人はどうやって自分を売り込むか、を非常にトレーニングされていると思う。日本ではビッグマウス、と言われてしまうだろうが、とにかく自分をすごく見せるアピールがすごいのだ。謙遜という概念はアメリカでは有り得ない。
presentation.jpg

発表が終わると、プレ卒業式セレモニー。この発表会には親御さんたちも来ていて、生徒代表が歌を歌ったり、記念品の授与があったり、いかにも高校らしい内容だった。ちなみに歌を歌ったアフリカ系アメリカ人の女の子はすごい歌唱力だった。
pin ceremony


場所を移してポスター会場へ。所狭しと、ポスターが並んでいる。
science

ポスターの説明をするRさん、
explaining.jpg

アメリカで教育を受けたことがない私にはとても新鮮な経験だった。教育は社会にとって重要な要素であり、社会を知るためには教育を知ることは大事かもしれない。


ブログランキングに参加してみました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :

魚雷工場アートセンター

 2012-04-23
この週末は、友人の家族と、ちょっと豪華なブランチをしに、VirginiaのAlexandriaを訪れました。
レストランはウォーターフロントにあるCharthouseというシーフードレストラン。大きな窓からはポトマック川が見渡せる素晴らしいロケーション。今日はあいにくの雨でしたが...。

ブランチメニューはいくつかのメニューから選べるメインとサラダバー、飲み物がついて25.99ドル、それにシャンパンかミモザを0.99で頼めるとは、かなりお得な感じ。
サラダバーは野菜も新鮮で、デリサラダも豊富に種類があって充実した内容。全種類取るとお皿にてんこ盛りになってしまいました。
メインには私はクラブケーキ・エッグ・ベネディクトを頼みました。
egg benedict

友人の頼んだステーキ。
steak.jpg

レストランの隣には大きな古い建物。
art center building

なんとこの建物、昔の魚雷工場を、アートスタジオ&ギャラリーとして活用しているユニークな空間なのだ。
http://www.torpedofactory.org/

アートセンター館内

6つのギャラリーと82個のアートスタジオ等、作品を見ながら、制作の様子も見られる。
館内2


絵画だけでなく、いろいろな形のアートがあって、アートが好きな人はもちろん、魚雷も飾ってあるので魚雷好きの人も楽しめる。
torpedo.jpg

迷路みたいな建物は子供たちの格好の遊び場になっていた。

館内3

さすがアートスタジオなので、筆洗い場があった。この女性、筆を洗っているのかと思いきや、ランチボックスを洗っているだけだった。ちょっとがっかり。
筆洗い場

Alexandriaには何度も来たのに、気が付かなかった。AlexandriaはちょっとしたDaytripにおすすめのスポットであるが、ここも訪れるといいかも知れない。

ブログランキングに参加してみました。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村


タグ :

車のナンバープレートを返しに行く

 2012-04-04
アメリカに来て最初に買った車はMazdaのCX-7という車、4輪駆動でターボ付きのSUVと燃費悪い三拍子揃った車だった。そして思った通り燃費はとても悪かった。
それでも来た頃はガソリンが安かったのでそんなに気にならなかったが、ここのところのガソリン高騰は目を見張るものがある。
かねてからもっと燃費のいい車が欲しいと思っていたのだが、アメリカ滞在が延長する気配になってきたので、思い切って車を買い換えることにした。
低燃費と言えばトヨタの誇るHybridプリウスだが、トランクが小さいのが難点で足踏みしていたのだが、
2012年モデルにプリウスワゴンが登場し、我々の一つの懸念は解消されたのだ。

いざ試乗に行ってみる。近くの正規ディーラー355TOYOTAに行ってみると、ちょうど我々の欲しいモデル、一番低いグレードの白いやつがあるではないか。
対応してくれたのは珍しく女性のスタッフ(Aさん)。トヨタのスタッフは強気で偉そうな印象が強いが、今回のAさんは全くそんなところがなかったのも良かったのかもしれない。何となく買う気になってしまった。
そうなると一台今の車を売らなくてはならない。Trade-inでどの位で引き取ってくれるかが、問題になってくる。とりあえず今日は違う車で来たので後日また来るというと、100ドルのデポジットで押さえておくこともできる。人気の車だからすぐに売れてしまうというのだ。
デポジット100ドルならいいかと思って書類を書いていると、Aさんは突然、マネージャーが500ドルと言ってきたというのだ。それが夫の癪に触ったようでその場は交渉を打ち切って帰ってきた。

帰って、洗車した。今のアパートは洗車スペースがあって、好きな時に洗車ができる。
私は洗車が好きだ。車を洗うと今まで気づかなかった部分の美しさとか、いつの間にかできた小さい傷など気付かせてくれる。そして車はまた輝く。今回の目的は少しでも高く見積もってもらうためだけど。

その週末、我々は、トヨタに行く前にCarmaxに立ち寄って見積もりをもらっておいた。我々の2007年のCX-7走行4万マイルは13000ドルで買ってくれるらしい。ちなみに買った時は23500だった。ただし当時の円のレートは130円くらいでかなり日本円を持ち出したのだった。5年間で10500ドルの減価償却。アメリカの中古は結構相場が高いので、もう少し高く売れるかもと思っていたのでちょっとショックだった。
KBBで見るとこの車種は年間やはり2000ドルずつ値が下がるのでそんなものなのかもしれない。
まあガス代もかかるし、売り時なのかもと思ってTrade-inに出すことにした。

Mazda.jpg


Carmaxの見積もりを懐に、いざトヨタと交渉。
トヨタはTrade-inを11000と見積もってきた。笑止である。やっぱりCarmaxに行って良かった。
懐から見積りを出すと、Aさんは上司を連れてきた。上司は12500を提示してきて、それなら、Trade-inで税金が安くなる分、Carmaxより得になるというのだ。さらに交渉の末、数百ドルのDiscountをゲットして交渉成立。
ただし、前回試乗したワゴンは売れてしまったといい、次に来る同じタイプの車が今、まさに港についたところで、来週には納車できるという。車屋は皆そう言うと思うけど、まあ急いでいるわけではないのでいいかと思って決めてしまった。

そしてやはり1週間連絡がなかった。
電話をすると、手違いで、我々の買うはずだった車が他のディーラーに行ってしまって、取りに行かなければならず、それで納車が遅くなったという。ありがちな言い訳である。
結局車はとは世界共通、契約してしまえばこっちのもので後は野となれという感じである。来週の水曜日には絶対来るから、また連絡すると。こうやって1ヶ月くらい経つかもと覚悟した。
しかし納車は意外と早く、次の月曜日に電話がかかってきた。

プリウスV

Aさんは、今日ボルチモアから持って来たと得意げだった。

プリウス後ろ

そして、CX-7は売られてしまった。車を売る時はどんな車でも物悲しい。ペットみたいな感覚だ。(と言うと動物好きの人に怒られるかも知れないけど)家族みたいなもんだ、私には。

次に行うことは保険の契約の変更だ。GEICOに電話して、CX-7の保険を解約したいというと、Marylandは厳しくて、MVAにTagを返さないとCX-7の分を解約できないというのだ。本当かどうか知らないけど。
しかし、こうなったら早めに返しに行ったほうが良い。

早速返しに行ってきた。何を隠そう、MVAに行くのはRockvilleでは初めてだ。今は色んな手続きがOnlineでできるので、何度チケットをもらおうが、引越ししようが、MVAに行くことはこれまでなかったのである。
この辺ではGeithersburgにあるのが近そうだ。

mva2.jpg

入ると、運転免許のコーナーと車のレジストレーション関係のコーナーがあり、結構並んでいる。

line.jpg

よくわからないので、レジストレーションの方に並んでみた。

tag.jpg

他の人達はTagだけでなく他のドキュメントも持っている。何か必要なのかと思って並んでいる人に聞いてみると、
Tagを返すだけならそこでチケットを取ればすぐよ、と言われた。しかし、「そこ」のそこがよくわからない。
しばらくウロウロして、やっぱりわからず、他のわからない人と共にやっぱりウロウロして、ついに見つけた。

tag return

レジストレーションコーナーの脇にあるパソコンで、画面にタッチする。最初の質問にNo.次にTag returnを選べばチケットが印刷され、その番号が呼ばれるのを待てば良い。

tag return2

1年以上レジストレーションが残っていれば半額を返してもらえます。

ブログランキングに参加してみました。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村
タグ :

日本政府のタレント外交政策は成功するか

 2012-04-01
最近ブログの更新がなされていないと数名の方から指摘がありました。すみません。それでもこうして読んでくださる方に感謝です。

ワシントンDCに日本から桜が送られて今年は100周年ということで、今年の桜祭りは特に盛大に行われているらしい。しかし、肝心の桜は今年の暖冬で、すっかり終わってしまいました。このイベントと、桜がマッチしたのは最後はいつの事だっただろうか。これも地球温暖化による異常気象のせいで年々計画が難しくなっているのかもしれません。

この時期に日本からパフォーミングアートの人やミュージシャンが来ることはあるのだが、今年はなんとAKB48という押しも押されぬ売れっ子(なんですかね、よく知らないのですが)が来て、なんとフリーコンサートを行うとのこと。ラボの同僚(日本人)が一人2枚のフリーチケットを家族分押さえていたので、我々も「タダだし」と勢いでとってみました。その後同僚はメーリングリストで、NIH中の日本人に知らしめて、チケットはあっという間にOutになってしまいました。

3月27日の火曜日、DCのU streetにある、Lincoln Theaterという場所で、2回コンサートが行われました。我々夜の部の開場は6時半、6時前に着いたのですが、すでに入場待ちの長蛇の列。

行列

取材にも来てます。日本の新聞とかに写ったらめちゃくちゃ恥ずかしいですね。

AKB48 media

リンカーンシアターのあるU streetは、アフリカ系アメリカ人のワシントンのBroadwayと言われるあたりだそうです。

lincoln theater

列に並んでいる間にたかみな大好きと書いている中国人の女性。アジアでは認知度があるんですかね。
後ろに並んでいたアメリカ人は、アニメ好きのオタクの方で、AKBのことはよく知らないが、タダだから来てみた、とのこと。

タカミナ大好き

ポスター

リンカーンシアター

中の様子。こじんまりとしているが、雰囲気はあります。
両サイドにはVIP用のBOX席が。オバマさん来るかしら?
vip seat

外務省の人達が、公用車で乗り付けたので、公用車で見に来るの??と思ったら、ペンライト配ったり働いていました。お疲れ様です。

AKB on stage

さて、AKB48の曲は、恥ずかしながら一度も聞いたことがありませんでしたが、16人もの少女達を集めて、色んな服を着せて勢いで盛り上げるという、この強引な手法はある程度は成功したのではないかと思います。彼女たちも自己紹介を一生懸命覚えてきた英語でするなどして、それなりに受けてはいましたが、もう少し帰国子女枠を設けるなどして、国際化を計ったらいいのではないでしょうか(もしAKBを外交親善大使として活用したいのであれば)。

ばらばら

このバラバラ感が新鮮ではありますが、外人に受けるかは果たして不明です。私は、もう彼女たちの母のような気持ちで見ておりました。

DC100 Tshirts

アンコールで彼女たちが着ていたTshirtsは桜まつり100年記念のようですね。私も欲しいです。ボランティアのTshirtsがこれならいいのに。

チリボウル

終わって、隣に今日の昼ごはんにAKBがお召しになったという、有名なチリボウルの店を発見しました。隣だったのね。彼女たちはわずか36時間のためにワシントンに来てくれたそうです。大変ですね。
観客は半分くらいは日本人だったかもしれませんが、アメリカ人も楽しんでくれたら良かったです。オバマ大統領は来てくれていませんでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。