スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アメリカ歯医者事情

 2010-04-16
嫌な予感がしていたのだ。かなり硬めに焼いてある自作のおからクッキーを食べてからなんとなく不穏な感じがしていたのだが、ある朝、歯間ブラシで歯磨きしていたら、詰め物がぽろっと取れてしまった。歯の調子がおかしいから今度日本に一時帰国する時に、治そうかなあといっていた矢先である。

ご存知のとおり、アメリカの医療システムは、民間の保険会社から保険を買うという自動車の任意保険のようなシステムで、入っていない人も多い。そしてビジョンとデンタルはそれぞれオプションとしてつけるような形になっているのだ。
幸い、NIHはVisiting fellowの分はNIHが負担してくれて、とてもいい保険に自動的に入れるのだけど、歯科はオプションで自腹である。
こうした経緯から当初は数年なら我慢できるだろうと、できるだけ日本で治してきて、帰るまで我慢という人が多いのだ。

でも歯に風穴が開いてしまった今、そんな悠長なことは言っていられない。
まず保険に入るかどうするか。ついこの間、日本から来たばかりですでに歯医者にかかったという経験者(日本での治療が間に合わなかったそうだ)によれば、保険に入っていても1割くらいしかカバーされずに十万くらいかかるとのこと。1割って、それって保険料払って入っている意味あるのか?と思い考えてしまった。だいたい目と歯は別って何なんだ。目が悪かったら不自由だろう、歯だって悪かったら不健康じゃないか。
いろいろなリサーチの結果、どんな治療かによって、カバー率が違うし、保険会社によって、あるいはプランによっても違うものらしい。しかも先生によってこの会社の保険はとるけど、この会社はとらないなど(この辺は医者も同じ)いろいろ制約があるのだ。
なので、保険に入るのが果たしてお得なのかわからないが、まだしばらくアメリカにいるとなると、何回もかかることになるのかもしれないし、とりあえず加入できるか聞いてみようとNIHの保険に入れるか聞きに行った。答えはNO。NIHのデンタルプランに入れるのは年に一度のOpen seasonだけらしい。しかし保険受付の女性は慣れた感じで、このウエブサイトでとりあえずいいプランを探してつないで、11月にまたいらっしゃいと言った。そのサイトはDentalplans.com

このサイトは、私に一般的なデンタルの保険の知識を与えてくれた。
もしデンタルの保険を考えているのなら、このサイトで少し勉強すると良さそうだ。郵便番号を入れると、その辺の先生をサーチ、あるいは入れるプランをリストアップしてくれる。そして、どの先生がどの保険を取ってくれるのかも一目瞭然。

通常プランは大きく分けてHMOとPPOというのがあって、HMOというプランだと、保険会社のネットワーク医師(つまりこの保険をとってくれる医者)にかかった分しかカバーされない。PPOだとどの歯医者にかかっても一定額カバーしてくれるけど保険料が高い。このサイトでは、おそらくHMOの先生しかピックアップしてないらしい。
歯医者さんて腕によるところが大きい気がするし、ここはまず、いい歯医者さんを探して、その先生がとってくれる保険に入るのがいいのではないかと考えた。

この辺に長らく住むうちの大将なら、きっといい歯医者さんを紹介してくれるに違いない。そう思って話す機会を伺っていたのだが、こんな時に限って会えない。
ラボ内の人などいろいろとリサーチの結果、近くにあまりガツガツしていない歯医者さんがいる、友達がかかって満足げだったという先生を突き止め早速電話。
翌日の朝診てくれると言う。しかしその先生は特に保険は、とってないという。いくらくらいかかるか、電話口で聞いたら、取れたものをつけるだけなら150ドルくらいから、金属を作り直すようだと1300ドルくらいかな、と。
1300ドル、虫歯治すのに?
予想はしていたものの、あまりの法外さにやっぱり衝撃を受けずにはいられなかった。


でも、もしかしたら取れたのをくっつけて終わるかも、といちるの望みをかけて、意を決して歯医者に行く。
いきなりレントゲン撮られて、ここもここも治せとぼったくられたらどうしようと思いつつ診察室へ。
レントゲンを撮られることなく、取れたものと歯の穴を見て、穴が大きくなってもうこれは入らないけど、少し削って、詰めなおせば大丈夫、250ドルくらいで、今日中に終わるよ、と。
Thank god!友達の言っていたことは正しかった。
スピード重視で手技は決して丁寧という感じではなかったけど、とりあえず、また行かないでいいことと、リーズナブルな値段でやってくれたことに感謝。
私のかかった先生はこの先生。Dr. Timothy Dunn.

保険でカバーされる日本の歯科水準からしたら、虫歯の治療一本で(しかもレジンコンパウンドで詰めるだけ)2万円?と思ってしまうけど、みんなの反応は安く済んで良かったね~というのがほとんど。きっとラッキーな方なんだろう。Obama政権は歯科についても何か施すつもりがあるんだろうか。このシステムは非常に問題があると思うけどな。
スポンサーサイト
タグ :

花粉の脅威

 2010-04-11
急に暖かくなって桜はあっという間に散ってしまった。
この数日は寒くなったり暑くなったりと忙しい陽気だが、
うちは夕方から夜にかけて、西陽のせいかとても暑い。
なので窓を開放しているんだが、昨日掃除の後、掃除機の中に黄色い粉末がたまっているの発見した。
これってもしや花粉では?
kafun2010-2.jpg

こんなにも蔓延していたとは。見えないだけに脅威。
そういえば窓を開けるとむせるような気がしていたのは気のせいではなかったのだ。
今はただ、時とともに花粉が過ぎ去るのを待つばかり。
タグ :

ボランティアに参加してみる

 2010-04-06
ワシントンの桜が見頃を迎えている。先週の週末はピークでお天気にも恵まれDCは人々でごった返していたようである。ようであるというのは、私はDCまで行ったのに、屋内にいたので桜は全く見れなかったからだ。

ワシントンと日本の友好のシンボルである桜祭りに一度ボランティアとして参加してみたいと思っていたが、今年になって実現した。
三月の最後の週末から、この辺一帯では、National cherry blossom festivalと称して、いろいろなイベントが行われている。昨年見に行ったパレードと桜祭りは、日米協会主催のNational cherry blossom festivalの看板イベントなんだそうだ。
まあ細かいことはいいとして、私が参加することになったのは、桜祭りではなくて、National cheery blossom festival本部のお手伝いみたいなものだったのだ。
場所はUnion station、時間は10時から4時間半。内容は案内とオフィシャルグッズの販売。Verbal communication skillと4時間半立ちっぱなしの体力が要求されると書いてある。コミュニケーションスキルには未だにまったく自信がないが、物を運んだりとか何かの役には立つだろうと行ってみることにした。

Union stationに行ったのはこれが2回目。それにしても、前日に来た確認のEmailにはUnion stationのどことか、全く書いてない。Union駅といえど広いだろうに。
何とかそれらしいブースを見つける。中には若いアメリカ人女性が店を広げていた。
聞いてみようと声をかけると、自己紹介されて、こっちへ来て、といわれた。
まだここがボランティアするところなのか、飲み込めていなかった私は急な展開にしばし面食らってしまったが、どうやらここらしいと判断して取り掛かる。

仕事は主にオフィシャルグッズの販売だった。というかそれに尽きた。
もっと人を助けるようなボランティアを想像していたのだが、実際はバイトみたいだった。無給のバイト。
しかし、アメリカでポスドク以外の仕事をしたことがない私にとっては初めての経験。
学生時代には洋服屋でアルバイトもしてたっけ…と懐かしく思い出したのだった。

突然店主の彼女が「日本人ですか?」
そういう彼女はどっから見てもアメリカ人だが、なんと日本に留学していたことがあるそうで、
日本語もしゃべることができるし、漢字も読める!!!そうだ。
2年名古屋に住んでいたそうだけど、2年で漢字も読めるとはすごい。
こっちに来て日本語を話す外人を何人か見てきたけれど、漢字はなかなかハードルが高いとみんな言う。
でも何より感激したのは、彼女がとても日本に興味を持ってくれているらしい事だった。
日本に行ったことがある一部の人を除けば、多くのアメリカ人にとっては日本は諸外国の一つで、
取り立てて興味もないという感じを受けるので、(実際そうなんだろうけど)久しぶりにそういう人に会って嬉しかったのだ。
なぜなら、日本にとってはアメリカは第一の友好国で、日本は常にアメリカと行動をともにして、アメリカのすることには協力しなければならない、という戦後の教育を受けた私達にとって、外国といえばアメリカ、アメリカと日本は仲良し、と思っているのに、実際来てみると、実はこっちが思うほど向こうは思っていないんだな、というのを目の当たりにするのだ。
とんだ片思いである。

フェスティバルグッズは人気があった。Tシャツなど続々売り切れになり、来るはずのデリバリーが来ないとどうなるのかしら、と思っていたら時間を過ぎて、ピンクのワンピースを着たCherry blossom festivalのプレジデントという女性がデリバリーを持って現れた。

イースターサンデーだったので、土曜日よりは人手が少なく楽だったみたいだけど、それでも人はなかなか途切れることなくそこそこ忙しかった。土曜日は一人で大変だったという店長のAさんによれば、ボランティアの人は来ないことも珍しくないそうだ。昨日の夕方は2人とも来なくて、(ボランティアの枠は2人)すごい列ができるし、お店はめちゃめちゃに散らかって大変だったという彼女を一人で残す気にはなれず、次の人が来るまで手伝うよ、というと彼女はとても嬉しそうだった。
あまり人の役に立っている感じのしないボランティアだったのだけれど、とりあえず彼女の役には立っているのかなという気がした。(売り上げはどうなるのか気になるところだ、きっと桜祭りの開催費用になるんだろうけど)
とうとう午後のボランティアは一人も現れず、私は閉店までいたのだった。終わりがけにもう一度現れたプレジデントのDさんは、私が残ったのを喜んでくれて「どれでも好きなTシャツをあげるわ」と、さらに太っ腹にも晩御飯代をくれたのであった。

かくしてアメリカでのボランティア初体験は良い体験となった。来週は桜祭りの本番ではあるが、TAXの準備があるから今回は参加は見合わせることにする。でも機会があれば、他のボランティアもやってみたい。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。