スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ケネディセンターで本気のアメリカ人を見る

 2010-01-02
この間、ラボの友人カップルがケネディセンターにお芝居を見に行くとうれしげに話していて、
それいいじゃない、と思ってみてみたらコンサートやバレエ、お芝居などいろんなPerforming artsをやっているみたいなのだ。
チケットも題目によってさまざまだがそんなに高くない。
いつもロックコンサートにばかり付き合わされている夫は実は昔、バイオリンなんて弾いてたりした音楽家である。
たまにはこういうのもいいかと思ってNew year's eve concertに行くことにした。

掃除のおばちゃんにケネディセンターに行くんだけど、ドレスアップしたほうがいいのかな?って聞いたら「No!人がたくさんいてすごいから」とよくわからない答えを返された。
かの友人に聞いてもそんなに気張んなくて大丈夫、とのことだったので真に受けて平服で行ってしまった私。
しかしケネディセンターに待ち受けていたのは、本気でめかし込むアメリカ人たちだった。
まるで結婚式に平服で行ってしまった感じ。しかしすでに遅し。
なんだか雰囲気ぶち壊しのわけわかんない外人になってしまったことをすまなく思いながら気を取り直してケネディセンター見学。

ケネディさんの像。アメリカ人はケネディさんとリンカーンさんが本当に大好き。というか、歴史が浅いのでそのくらいしか有名人がいない。

kennedy.jpg

hallway.jpg
foyer.jpg

ちょっと早く着きすぎてしまったのでボスが薦めてくれたカフェへ。
カフェとはいえ、ステーキがあるところさすがアメリカ。普通、肉食わないだろカフェで。

prime rib

一人前でこのボリューム。アメリカに来てから絶対2人で1人前しか注文しなくなった。

それにしても本気でめかし込むアメリカ人を見る機会はそうない。やっぱりニューイヤーパーティーだから気合入っているな。このギャップはすごい。普段はどこまでもジーンズはいてくるのに。

シートは夫のリクエストでバイオリンの近く、だったんだが近すぎて逆にみづらい。今度は弾いている様子が見える右側を、とか言っている。


seat.jpg

クラシックのコンサートなんて私は高校の芸術鑑賞以来と思う。でも思っていたよりだいぶ砕けた感じだったな。指揮者のキャラクターかもしれないが。
途中バリトンの男の人が参加したり、ピアノと共演があったりいろいろあって楽しかった。次回があるなら今度はおしゃれして出かけてみたい。
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。