スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アメリカの水はまずくても安全

 2008-02-23
Rockvilleに引っ越して水道から出る水がまずくておどろいた。
料理に使う水は浄水機をつけて使っているが、こんなにまずい水口に入れて大丈夫なんだろうか。
同僚の先生はアメリカと日本では水質基準が違うから見知らぬ危険物も入っているかもという。

ところが、アメリカの水質基準は日本よりはるかに厳しいものだった。

U.S.Environmental Protection Agency(EPA)の勧告によって各州ごとに基準を設けているようである。
EPAが定める項目は263項目、農薬類81項目・発ガン性物質53項目・放射性物質53項目にも上るようです。なのに対して日本は50項目。
では味の違いはなんなのか。軟水と硬水の違いである。アメリカやヨーロッパの水はマグネシウムやカルシウムが多く含まれていてそれが、日本の軟水に慣れた我々の飲みにくさの原因になっているらしい。

ところでアメリカをはじめ世界各国では虫歯の予防のために水道水にフッ素添加を行っているそうだ。そのおかげでアメリカの砂糖の消費量は日本の倍以上であるにもかかわらず、虫歯は断然日本に多い、そうだ。そんなに素晴らしい効果があるなら日本でも取り入れて欲しいものだ。
そんなに安全な水道水なのに健康大国アメリカの国民は水道水を飲みたがらず、ペットボトル入りの飲料水を大量に購入する。ペットボトルを作るには石油を使うし、遠くの水源から水を運ぶのだって大量の輸送費がかかる。おまけにボトル飲料水には水道水ほどの厳しい基準はなく、本当に健康にいいという保証はどこにもない。

とりあえず、水道水は安全だということがわかってよかったけど。
スポンサーサイト
タグ :

アメリカ人はホームパーティーが好き

 2008-02-16
夫が所属するローカルサッカーチーム(とても弱いらしい)のメンバーのお宅で
ホームパーティーが行われた。
例のごとく皆手作りの何かを持ち寄るタイプの形式なのだが
これが結構わずらわしい。
難しいのは誰が何を持ってくるか予想がつかないことだ。
先日Frederickの日本人会のパーティーではみんなデザートを持ってきていて、
さながらケーキバイキングのようであった。
さすがに日本人の手作りだけあってどれも甘さは控えめでおいしかったのだが。

そこで今回はたこ焼き機を持ってくことにしていた。
たこ焼きならライブでデモンストレーションできて
しかも手持ち無沙汰にならない。
外人のホームパーティーほど身の置き所に困るものはない。

チームメイトの言うところの「チームの中で最もサクセスフルな若者」であるホストの彼の家は、FrederickのFort detrickのそばのタウンハウスで奥さんと二人で住んでいた。
入るとグランドピアノが置いてあり、素晴らしいバーカウンターにはいろんな高そうなお酒が並んでいた。もう数人来ていて始まっていた。
早速バーカウンターの一角を間借りしてたこ焼きを作り始めた。

たこ焼きはなかなか好評だった。しかし用意した蛸は大きく切り過ぎてすぐになくなってしまった。そこでオードブルのチーズやサラミを入れて作ったのだが、こっちのほうが外人の味覚には合ったのかもしれない。

チームに所属しているメンバーは本当に多様な人種の集まりで年齢も職種も様々。お国もカナダ、エルサルバドル、ブラジルといろいろだ。

そろそろ帰ろうかと思っていたところに何やらにぎやかなご夫人がやってきた。ホストの彼のお母さんと姉妹がはるばるニュージャージーからパーティーのために来たようなのだ。
彼女はいるだけでその場の雰囲気を変えてしまうタイプの人間だった。
我々は彼女たちのために再びたこ焼き(チーズ入り)をサーブした。
彼女は「ブラジルのポンデケージョに似ているわ」と喜んでくれ、さらに日本でもポンデケージョが人気だと知るともっと喜んでくれた。
tri-statestrikers.jpg

彼らのチームの名前はTri-state strikersというらしく、Mason dixonleagueというリーグに所属して毎週試合をしている。しかし勝ったという話は聞いたことがない。なんでもMason dixon lineというこの辺の4州にまたがっている線があり、4州のいろんなところから来ているチームの集まりなんだそうだ。

タグ :

樹氷

 2008-02-16
jyuhyou3.jpg
ここ数日とても寒い。
気温は華氏表示なので何度なのかはわからないが風が冷たいのだ。
雨の日に冷たい風がふくとどうなるか。
樹氷になるようである。
ある日の朝、高速を走っていたら道の両脇の木々が白い。それが樹氷とわかるのにしばらくかかった。
jyuhyou1.jpgjyuhyou2.jpg
タグ :

ブログの値段

 2008-02-07
ブログの値段ってどうやって決まるんでしょう?
アメリカに住むほかの人のブログを見ていたらこんなのがありまして
私はきっと0ドルだろうなーと思ったら意外といい値段でした。
きっとみて下さっている人々のおかげと思います。ありがとうございます。


My blog is worth $564.54.
How much is your blog worth?

タグ :

R&W

 2008-02-05
スキーのリフト券が思いのほか高くてあまり行く気になれないのだが
なんとNIH割引があるらしい。
正確にはR&WというNIH職員のための福利厚生システムである。
Recreation and Welfare、年間7ドルでスキーのほかにも映画館やWashington Nationalsのチケットが安くなるようだ。
その他、ボルチモアの水族館、スパイ博物館なんて渋いのもある。割引率は18ドルが17ドルとこれまた渋い。
スパイ博物館
DC周辺にはたくさんの博物館があり、その多くは入場料が無料らしいのだがまだその恩恵にあずかったことはない。
タグ :

Liberty山でスノーボード

 2008-02-03
当初は1月からBethesdaに移転と言われていたが、どんどんずれ込んで未だに移転の期日は未定。しかしもう引越しはしてしまったので、いまさらまた引っ越すわけにも行かず、2月いっぱいはFrederickに通わなくてはならないようだ。この調子だと3月いっぱいでも不思議はない。

ところで、スキー場が車で1時間くらいのところにあるらしく、かねてからスノーボードに行きたいと思っていたのだが、行こうと思うと暖かかったり、引越しだったり、仕事が忙しかったり。
しかしとうとう行って来た、Liberty mountain resort
Liberty.jpgroad.jpg


近づくにつれて雪がちらほら、とかいう事は全くなく、本当にこんなとこにスキー場が?標高もそんなに変わらなさそう。この辺はそんなに雪が多いところではないらしい。
最初12月にどかっと降ってビックリさせられたけど、あれ以来積もるほどの雪はもう一度くらい。
しかし見えてきました。ちゃんと雪はあるみたい。

ふもとのベースにはレンタル、ショップ、レストランなど日本のスキー場と全く変わらず。リフト代は4時間大人一人48ドル、ボードレンタルは40ドル。我々はボードを借りていったのでブーツだけだと14ドル。平日はリフト代はもうちょっと安くなる。

週末だが、人出はちらほら。リフトも全く並ぶことはなかった。アメリカでもスキー人気は下火なんだろうか。
ski.jpg

ジャンプ台もあって、明日なきスノーボーダーたちがパフォーマンスを繰り広げていた。
ジャンプ台やら、スノーチュービングやらがある表側は人も多く、雪も悪くて
我々は裏側に回って滑った。裏側はちょうど良い斜面があり、リフト一本でまあまあ楽しめる距離のコース。

ところでおなかがすいてきたので売店でチーズバーガーを頼む。まあ期待はしていなかったがそれを上回る代物が出てきた。
burger.jpg

これが7ドル。5秒で出てきた。富士見パノラマみたいに田舎汁やらおやきがあるわけもなし。仕方なしに食べる。思うにアメリカは郷土料理みたいなものがない。どこにいってもバーガー、ステーキ。

リフト乗り場で並んでいると、隣のゴルフ場が見えた。そうかここは、Liberty Resortだからな。リゾートを満喫できるように人工の力を駆使してスキーもゴルフも多分プールもいっぺんに楽しめる所なのだ、ここは。
そしていつもこういうところでは、白人しか見ない。明らかに一般人口比とかけ離れている。黒人は寒いのが嫌いだからかな、と思ったりしたが、Homesteadでもそうだった。これが格差ということなんだろう。 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。