FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アミノメイソン しっとりモイスト

 2018-08-14
かわいいボトルで一番使ってみたかったアミノメイソン。

シャンプー、色は透明、鼻を突くグリーンの香り。この香りがダメだった。Je'laimeにも共通する苦手な香り。
泡立ち ★★★ ホイップを謳っているだけあってきめ細かい泡。泡立ち良いのにすすぎも楽でした
香り   ★    ボタニカルを前面に出しているのか青臭い香り、個人的にはなし
ギシギシ感  ★★★  洗っている時のギシギシ感が全然ない

リンスはクリーム状、香りは同じ
しっとり感  ★★★ 洗ったあと乾かしている時のツヤ感があって、しっとりしている感じ
引っかかり ★     しかしブラシが引っかかる感じ少し有り
指通り   ★★★ なめらかでよい

リッチなテクスチャーで髪質改善には良さそうだけど、香りが…。残念です

スポンサーサイト
タグ :

Aromatherapy associates

 2018-08-13
以前泊まったホテルでもらったaromatherapy associatesのシャンプー。
ラベンダーの香りが爽やかです。色は無色透明。

香り★★
泡立ち ★
きしみ感 ★★

翌日やや寝癖が強いような。
ホテルのオマケとしてはありですかね。

コンディショナーは使ってしまったのでジョンマスターズのおまけでもらったダメージ用を使用。
クリーミーなテクスチャーで、しっとりする感じです。ややべたつきありますが、翌日はまとまりが良い。

しっとり感 ★★★
まとまり ★★★

これは良かったですが、粘度が高すぎて、おまけのボトルから出すのがとても困難でした
タグ :

John masters organics normal type

 2018-08-11
お風呂代わりに行っているスポーツジムでよく話す中国人女性に、シャンプーが合わない話をしたところ、
「あなたワンちゃんにお金使ってるのに、自分に厳しいのね。そんな安いシャンプー使うからよ。もっと自分に優しくしなさいよ。」と。
なるほど確かに。
早速その女性が使っているJohn Masters Organicsのカウンターに行ってみた。ちょうどイベントをやっていて、髪質診断をしてくれるという。
頭皮を若いお姉さんがチェック。困っていることは何ですか?と。
「夕方になると加齢臭がする。毛先がいつも外側に跳ねている」
頭皮を拡大してモニターで見せてくれた。ひとつの毛穴から3本出ているのが理想とのこと。
「毛穴のつまりもないし、頭皮の乾燥もない。3本ずつ生えていて理想的な状態です」
「夕方になると多少臭うのは仕方がないかもしれません、ダメージはないのでNormal typeのシャンプーがお勧めです」
次にスタイリングを提案してくれる女性がくせ毛の悩みを聞いてくれた。
「跳ねはつむじの向きで決まってしまうのでどうしても難しいです」
私は常に左側の毛が下ろしても束ねても外側に跳ねるのだが、つむじの向きがそうなっているのだというのだ。
ジョンマスターズのスタイリング剤をいろいろ使ってやってくれたが、結局はねるのをごまかすためにお団子にするというものだ。治らないということなんだね。

この日はヘアクリームとブラシをお買い上げ。お勧めのシャンプーも試供品をくれたが写真を撮り忘れた。
シャンプーは透明で茶色、石油みたいな色。アメリカっぽい。香りはそんなにきつくない。泡立ちよい。ややギシギシする感じ。
コンディショナークリーム色。すすいだあとややべたつく感じ。頭皮にコンディショナーを残さない方がいいとのことで一生懸命すすぐ。
翌日はサラサラで寝癖はあまりない。ブラシが気持ち良い。
サラサラ感★★★
香り★★★
コスパ★
うーん、アメリカだったらもっと安いんではないだろうか。



201808121108475b3.jpeg
タグ :

20年ぶりに髪を伸ばす

 2018-08-11
1年ほど前から髪を伸ばし始めた。20年ぶりぐらいだろうか。
伸ばしてみると、若い頃と違って癖が出て来たのか、どうも真っ直ぐではない。量も多くて色も地のままなので、どうも重たくて真っ黒でうねって綺麗な感じではない。でも、もうこれが人生最後のロングヘアのチャンスかもと思って我慢している。
長くなってくるとシャンプーの種類で翌日の髪質が大きく変わる事に気がついた。
それで世の中の女性達は、あんなにシャンプーにこだわるのだ。
短い時はシャンプーは洗えれば良かった。なので安くてまあまあいい匂いのマシェリを大量に買い溜めしてあった。

肩くらいまで伸びた時、毛先が外側に跳ねるのが耐えられなくなり、シャンプーがいけないのではないかと思い始めた。
手に取ったのはうねる髪用のアジエンス、ジュレとコンディショナーを混ぜて使うタイプのやつだ。変えてから少し翌日の寝癖がマシになった気がした。
しかし、リンス2つつけるのが面倒になり、一つで済むものを探した。
次に手に取ったのはJe l’aimeのrelax soft&moist サーモンピンクのヘアマスク。これに変えて、翌日の跳ねと絡まりは劇的に改善された。2本使ったところで、他の種類にも興味が生じて同じシリーズのショッキングピンクのやつに浮気した。しかしそれはあまり良くなかった。なんとなくゴワゴワする。同じブランドなのに。
Je’laimeが良かったので、シャンプー、リンスもラインで購入した。しかし、香りがあまり気に入らなかった。ここで、気がついた。気に入らないシャンプーを無くなるまで使い続けるのは苦痛だという事に…。
だから、あの1回ずつのお試しパックが売られているんだ!髪が短い頃は、試供品を何で売ってるんだろう、とずっと思っていた。痛恨なシャンプーを買ってしまわないように、なんだ!

というわけで、取り敢えず、ありったけのお試しパックを近所のドラッグストアをハシゴして集めた次第。

試した感想をここに書く事によって、どれが私にベストなのかを忘れない為の忘備録。
2018081123062736a.jpeg
タグ :

悲報、official iPhone unlock came back negative

 2014-05-31
以前私のiPhone5がSprintによってLockされていた事を報告した。
諦めきれない私は色々検索してiPhoneをSIM lock解除してくれるというサービスを見つけたのだった。UKの会社のようだが世界中のいろんなキャリアのSIM lock解除してくれるという。ホンマかいな〜、どうやって?
Jailbreak不要、OfficialのSIM lock解除だという。しかもiPhoneを送ったりしなくていい。ただIMEI番号(その機械に固有の番号)を教えてお金を払うだけ。10〜15日位でUnlockしてくれるという。

Sprintに断られた今、私に残された道は諦めるかイチかバチかの賭けに出るか、であるが、このサイト信用できるんかな〜。
1週間位悩んだであろうか。50ポンドという微妙な値段である。本当にUnlockしてくれるなら全然払って良い金額なのだが、こんないかがわしいしかも海外のサイトを信用して、多分クズみたいな奴らの懐に入る金をみすみす払いたくない。
いろいろな人に相談して悩んだ挙句、
父上「なんだよ、買ってみりゃいいじゃないか、8000円位!俺だったら買うね」
というので申し込むことにした。確かに8000円位1回飲み行ったら使っちゃうお金だし。
しかしその日は眠くなって申し込む途中で寝てしまった。

さて、次の日、なんとOfficial iPhone Unlockから直々にクーポンメールが届いた。今日中に申し込んだら30%オフだというのだ。
これをどう取るべきか?
釣れそうだから餌をまいて釣り上げようとしているのか?
それとも、サービスに自信があるから顧客を増やしたいのか?
悩んでいると
父上「何だよ、まだ買ってないのか?5000円になったんだろ早く買え」
かくしてSIM lock解除するサービスを購入した。

そしてあれから月日のたつこと早2ヶ月。
もちろんOfficial iPhone Unlockから音沙汰はなく、苦情をいうメールアドレスもなく、電話はあるけれど時差もあるしかける気にもならない。メールアドレスとIMEIを入れてステータスをチェックすることも出来るけど、2週間過ぎてからチェックする気も起きなくなった。
先日そういえば、と思いだし、唯一コンタクト取れそうな欄に
「購入してから2ヶ月経つのに何も起こらない。出来ないならできないでお金を返して欲しい」と苦情を述べてみた。
1週間ほどして
「お前の携帯はBlockされていた。Blockされている携帯は失くされたものか、盗品である。でも、Blockされる理由は他にも色いろある。とにかくBlockされている物はSIMロック解除出来ない、って書いてあるから我々はお前に金を返さない。」
ふざけるな、私のiPhoneは拾ったわけでも盗品でもない、失礼な奴らだ。つーかお前ら出来ないんじゃないか。

「でも本当は返さないんだけど我々に悪意がないことを示すために、今後我々のサービスに使える30ポンドをCreditしてやる」
いらねー、こんなインチキのサービス二度と使うわけねーだろ。それって返してないじゃん。

というわけで結局、こいつらはSprintのカスタマーサービスの一環で国外でのUnlockとか、そういう本来なら頼めばやってくれるサービスをかわりに頼むことで一般市民から金をとってるんじゃないかと思うわけである。だからSprintがダメといえばダメなんじゃ無いだろうか。
アメリカにいた頃の私ならイギリスまで電話をかけて文句言っただろうが、もう日本人にすっかり戻ってしまった私は、いいや、5000円位くれてやるよ、という心境である。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。